hiroの長い冒険日記

主にコンピュータ周辺の興味を持った内容を綴ります

古い WindowsXP Note PC (ThinkPad X60) 処分の準備

2006年11月に購入(battery のみ 2010年9月に更新)した古い Note PC ThinkPad X60 (1709-GDJ) が放置されていた。内蔵HDDをSSDに換装し、6年前までは頻繁に使用していたものの、出張が少なくなり持ち出すこともなく、Desktop PCを主に使うようになり放置状態となっていた。

久し振りに出して、状態を確認した。HDD の中身はバックアップし必要なデータの確認済なので、リカバリして正常に起動するか確認した。

状態

  • 電源を接続して起動させると、日付・時刻が飛んでいたらしくBIOS設定画面になった。もしかして電池ダメかも。
  • 日付を設定すると起動できるが、Rescue and Recovery 3 画面になった。
  • 終了して再起動すると、WindowsXP が無事起動した。wifi 接続すると無事使用できた。ただしサポート期限の切れた WindowsXPなので、Chromeもアップデートできない旨の表示が出てきた。
  • SSD は問題なさそう。MLC の 128GB品。

工場出荷状態に戻す

  • 取り外しておいた HDD はそのままにしていたので、元の HDD を入れたら正常に起動できた。
  • 再起動して Rescue and Recovery 3 から Diagnostics Full Test を実施した。HDD Test と Memory Test にかなり時間がかかったが正常終了した。
  • 再起動して Rescue and Recovery 3 からシステムを工場出荷状態に復元した。
  • 幾度か再起動して WindowsXP SP2 の出荷状態に戻った。

今後

流石に Windows10 を購入してまで使おうとは思えない。思い入れのある機種ではあるが処分する。

存在さえ忘れていたが、128GBのSSDは外付ケースに入れておく。WindowsXP でも書込を少なくする対策は取っていたので、寿命はまだ先だろう。

泊まりの出張が多くなった場合には、省電力で使用時間が長い、薄い Note PC を検討する。

メモリ増設や SSD 換装は簡単には出来なさそうだが、安価にしようと思ったらこういう機種もありかもしれない。英語キーボードモデル、選択できればなお良し。