hiroの長い冒険日記

主にコンピュータ周辺の興味を持った内容を綴ります

qemu (kvm) に Ubuntu 18.04 minimal install

今の CPU では Hyper-V が正常に使用できていないので、暫くの間、linux 側を主に使用して、仮想化を色々試してみようと考えている。

まずは、素直に qemu (kvm) で Ubuntu を入れてみた。通常通り Ubuntu を入れると GUI がしっかり入り重めなので、今回は Minimal CD から入れてみた。

Ubuntu 18.04 Minimal CD の取得

eng-notebook.com
help.ubuntu.com
Ubuntu 18.04 minimal CD image を落としてきた。今の環境だと、~/Download/ に入る。

kvm (qemu wrapper) の install

予め qemu 一式は入れてあったので、qemu の wrapper である kvm を install した。kvm に関する module は既に入っていた。

$ sudo lsmod | grep -i kvm
kvm_intel             200704  4
kvm                   598016  1 kvm_intel
irqbypass              16384  1 kvm
$ sudo apt install kvm

qcow2 の作成 (qemu hdd image)

d.hatena.ne.jp
今の linux 側の SSD は 120GB しかないので、少なめに作成した。

$ mkdir ./qemu_image
$ qemu-img create -f qcow2 ./qemu_image/ubuntu_test_minimal 20G
Formatting './qemu_image/ubuntu_test_minimal', fmt=qcow2 size=21474836480 encryption=off cluster_size=65536 lazy_refcounts=off refcount_bits=16

Ubuntu 18.04 Minimal の install、起動

作成した qcow2 virtual disk image と download した iso image を使用して、仮想マシンを起動した。

$ kvm -hda ./qemu_image/ubuntu_test_minimal -cdrom Downloads/ubuntu_18.04_mini.iso -boot d -m 2048

ncurses base の installer が起動するので、適切に入力して進めた。途中の package 選択では何も選ばず。installer が終了すると再起動されるので強制終了した。

$ kvm -hda ./qemu_image/ubuntu_test_minimal -m 2048

正常に起動した。

kubuntu-full の install

host 側の debianLXDE なので、qemu 側の ubuntu minimal には試しに kubuntu-full を入れてみた。

# apt install kubuntu

shutdown して再起動すると、Desktop 環境で起動できた。

その他

$ sudo apt install net-tools
$ sudo apt install openssh-client openssh-server
$ sudo apt install traceroute

network は ip address が 10.0.2.15 に設定されていて、Guest -> Host -> Internet に接続できているが、どんなつながり方をしているのか分からず。もうちょっと調べてみよう。

Host 〜 Guest 間で Cut & Paste

bluearth.cocolog-nifty.com
Guest 側で spice-vdagent を install する。

$ sudo apt install spice-vdagent

これだけだと出来なかった。Host 側に入れても同じ。これも後で調べてみる。

結果

何点か分からないところはあるが、qemu/kvmdebian host、ubuntu guest で起動できる事を確認した。速度は幾分もっさりした感じはあるが、通常使用できるレベルの反応速度だった。色々試してみよう。