hiroの長い冒険日記

主にコンピュータ周辺の興味を持った内容を綴ります

qemu for windows を debian で cross build (通常版起動編)

前回、qemu for windows を configure option を変更せずに debian で cross build し、installer が作成できる事までを確認した。

hiro20180901.hatenablog.com

今回は作成した installer が Windows10 で正常に起動するかどうかを確認してみた。

installer の Windows10 への移動

Windows10 で起動し、Hyper-V 仮想マシンdebian を物理 SSD Path through で起動し、scp した。

$ scp user@192.168.n.n:/home/user/myinstaller.exe .

Windows10 で install

myinstaller.exe を実行し、Windows10 へ install した。「不明な発行元からのアプリがデバイスに変更を加える事を許可しますか?」の message に「はい」と答えて、後は進めるだけ。

32ビット?64ビット?(自分用メモ)differentialengine.wordpress.com

WSL Ubuntu:

$ file qemu-system-x86_64.exe
qemu-system-x86_64.exe: PE32+ executable (console) x86-64 (stripped to external PDB), for MS Windows

なので、64 bits binary。

qemu-system-x86_64 で debian 起動

以前に VirtualBox 仮想マシンで install していた debian の disk image (vdi) があったので、これを流用して qemu 仮想マシンを起動してみた。
PowerShell:

PS C:\Program Files\qemu> qemu-system-x86_64.exe -hda E:\Debian_minimal_VirtualBox\debian_minimal\debian_minimal.vdi

時間は要すものの、問題なく起動できた。

結果

debian で cross build で作成した qemu for windows を Windows10 に install し、正常に起動できる事を確認した。

次は、本来の目的である configure option を変更し WHPX 有効な binary を作成して、Windows10 で正常に起動できるかどうかを確認する。